スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[遊戯王 獣デッキ考察] 森の聖獣ユニフォリアについて

 実は、この間友人から「森の番人・グリーンバブーン」を3枚手に入れる機会がありまして。それから、ずっと獣デッキと考えていたんですよ。しかし、これが中々考えがまとまらない。いやー、少し前のパックですが「RETURN OF THE DUELIST」で「森の聖獣 ユニフォリア」も登場しましたし、うまく考えれば面白いデッキになると思うんですけどね…。今回はそのユニフォリアについて考えていきます。

「森の聖獣 ユニフォリア」
効果モンスター
星1/地属性/獣族/攻 700/守 500
自分の墓地のモンスターが獣族のみの場合、
このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「森の聖獣 ユニフォリア」以外の
獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 今回はデッキ紹介とか、凄いコンボ紹介みたいな記事じゃなくて、カードの相性を考えていく記事ですね。私と同じく獣デッキを考えてる人がレスピを探しに見にきていたら、すいません(汗
・ユニフォリアの利点
 墓地からの特殊召還。そして、同じ獣族の金華猫に対応。

 やっぱり、利点としては金華猫対応って所が一番でかいですよね。金華猫でユニフォリアss、そしてユニフォリアで墓地の獣族をss、エンドフェイズに金華猫が戻る。この流れで、手札を減らさずにモンスター1体を展開出来るってのは、やっぱ強いですね。しかし、墓地から特殊召還して強い獣族がほとんどいないんですけどね!!
 「レスキューキャット」がいればなぁー、壊れカードになれるのに(笑)

・ユニフォリアの欠点
 効果でssしたモンスターが攻撃不可。発動条件は墓地が全て獣族だけのとき。
 
 攻撃不可と墓地の制限が本当にきつい。この2つの欠点が合わさって、ユニフォリアの効果を微妙なものへと変えてしまっています(泣。順序よく説明すると、まず攻撃不可なので、高レベルモンスターを直接呼んできても意味がないため、ssしたモンスターを使って、さらにモンスターを展開する必要があります。そこで問題になってくるのが墓地のモンスターの制限です。この制限のせいで、多種多様なシンクロが使えないんですよ。まぁ、シンクロモンスターにも獣族はいますし、ssしたモンスターの効果で高レベルモンスターを呼べばいいんですが…。うーん。使えそうなモンスターを、次に箇条書きにでもしますか。

・獣族の大型モンスター(効果はwiki見てね)

「魔轟神獣ユニコール」「魔轟神獣クダベ」(シンクロ)
「魔轟神」と名のついたチューナーを指定されているが、「魔轟神獣」のチューナである「キャシー」「ケルベラル」は獣族であり、デッキに入れやすい。また「ロック・キャット」を用いれば簡単に出せるが、金華猫andユニフォリアからの展開では出しづらい。
 ☆1金華猫(最悪の場合は素材に)+魔神獣チューナー(☆1か2)+ssできる☆3か2の非チューナーモンスター
非チューナでは、「星見獣ガリス」の運ゲか、「バブーン」も出せる「オボッサム」が有効。
 また、効果が使えれば強いが、簡単には使えない効果ばかり。ユニコールは手札を調整するカードをデッキに入れる必要がある。クダベは金華猫を相性が悪すぎる。よって、却下


「ナチュル・ビースト」(シンクロ)
 効果は、最強クラス。打点の低さは、「幻獣の角」でカバー可能。しかし、素材制限のがあるため、金華猫+ユニフォリア(効果でチューナーをss)からでは、金華猫は闇であるため出せない。そのため、ここでも非チューナが重要。
 また、効果からバックの「幻獣の角」がサイクロンで割られないため、ユニフォリアの効果でssしても、次のターン生き残り安い。モンスター効果は止めれないので、スクドラなど出されれば死ぬ。シンクロで展開するデッキにするなら、一番使いやすいと考えられる。


「氷結界の虎王ドゥローレン」(シンクロ)
 こちらも、効果では最強クラス。リビデなどで、ユニフォリア蘇生した後にドゥロを蘇生して、リビデを回収出来れば美味しいか。しかし、しかし素材制限がきつすぎる。獣族で水属性のカードは「ラッコアラ」「フェンリル」「リチュア・ビースト」「氷結界の虎王ドゥローレン」のみ。「フェンリル」「リチュア・ビースト」は効果的に論外ですね。獣以外のカードをデッキに入れれば、それだけで事故要因です。かといって「ラッコアラ」も微妙。思い切って「黄泉ガエル」を入れるのも手か!?組むなら専用デッキが必要。まだ、考察の余地あり。


「猿魔王ゼーマン」(シンクロ)
 獣族で闇属性のチューナーは存在しない。しかし、バードマンを使えば出せないことも無い。バードマンは効果を使った後は、除外されるため効果の相性としては完璧。しかも、金華猫でユニフォリアss、ユニフォリアで非チューナーss、その後バードマン効果で金華猫を戻せば、金華猫の除外効果は発生しない。ゼーマンの効果も普通に使える効果。これも十分に実戦で使えるカード。


「ナチュル・ガオドレイク」(シンクロ)
 ☆9のモンスターで、チューナと非チューナーに地属性を指定。うーん。「虚栄の大猿」を使えば出すことは可能。虚栄の大猿は、蘇生制限はあるが一度出せば、ユニフォリアで蘇生可能。このことを考えると、中々に優秀なカード。虚栄の大猿は手札からss可能、墓地に獣族を送る事が出来るため手札のユニフォリアを墓地に送れる、レベル変動できる、地族性なのでレベルを下げれば「ナチュル・ビースト」も出せるなど利点が多い。このことから、「ナチュル・ガオドレイク」を軸にデッキを組むというより、「虚栄の大猿」軸のデッキなら「ナチュル・ガオドレイク」が入ると言った方がいい。


「ライトニング・トライコーン」「サンダー・ユニコーン」「ボルテック・バイコーン」(シンクロ)
 効果が微妙な三連星。そして、素材指定がちらほら変わるという面倒さ…。正直専用デッキ組んでも弱い。まぁ、エクストラが余ったら入れたらいいかなという存在。正直、余るんだったら獣族以外のシンクロモンスターを入れてしまえばいいと思う。負けそうになったら、後先考えないでカタストルやスクドラを出したくなることもあるしね!!


「おとぼけオポッサム」→「森の番人グリーン・バブーン」(効果モンスター)
 オポッサムの蘇生効果は、どのスタンバイフェイズでもいいので、シンクロ素材としても最適。また、バブーンも☆7のモンスターなので、十分に素材になれる。さらに、ユニフォリアや金華猫が来ない状態でも戦える。問題点は、オポッサムだけを引くことや、バブーンだけを引くこと。そこは「巨大ネズミ」で改善可能か?
 シンクロ軸のユニフォリアデッキでは、中々働いてくれそう。


「モジャ」「ビーストライカー」→「キング・オブ・ビースト」(効果モンスター)
 モジャのサーチ効果、ビーストライカーの「デッキからのss」効果、キング・オブ・ビーストの手札、墓地からのss効果。なかなかまとまっていい効果だと思うじゃないですか。そんな事は全く無い!!微妙な効果なんですよ…。何が微妙って「キング・オブ・ビースト」自体にサーチ効果が無いこと。回してみて分かりますが、凄い事故率なんですよ。特に、今回は墓地に獣族以外を落とすとまずいため「チェイン」「カードガンナー」などの墓地肥やし効果が使えないわけです。使えるといえば「光の援軍」「ライコウ」あたりでしょうか…。それにしたって、「キング・オブ・ビースト」が1枚の場合では、全然落ちない!!さらに、2枚にすると「「キング・オブ・ビースト」はフィールド上に1体しか表側表示で存在できない。」という効果のせいで、一枚くさってしまうんですよね。また、「モジャ」の枚数も微妙なところ。ビーストライカーの効果を考えれば、デッキに一枚はいて欲しい。しかし、墓地に一枚あるのに手札に来られても困るというね(´-∀-`;)
 うーん。それに3種類のカードを入れるとデッキを圧迫して、他のカードの枠を取ってしまう。墓地にユニフォリアがいない状態でも、「モジャ」がいると金華猫がくさらないのはいいんですが。ビーストの打点も低いですし、事故率も考えると、これらのカードは、今回は却下ということで。


「マスター・オブ・OZ」(融合モンスター)
 ユニフォリアで蘇生できるモンスターの中で最高打点のモンスター。攻撃力は圧巻の4200!!融合素材のモンスターも獣族なので、ユニフォリアで蘇生可能。また、融合をサーチするのも「融合賢者」と使えば、「沼地の魔神王」を使わなくても可能なので、墓地に獣以外がたまらない。
 「融合回収」を使えば、融合カードと融合素材一枚を墓地から回収でき、その上でユニフォリアで墓地に残った方の素材を特殊召還すれば、2体目のOZも簡単に出せる。素材の内の一体「ビッグ・コアラ」は「召喚師のスキル」でサーチ可能。
 ここまで書くと強いと思うじゃないですか!!しかし、回してみるとね。とんでもなく弱いことが分かるんですよ……。やっぱり、「沼地の魔神王」がいないと融合素材が集まらない。「融合回収」は初手に来るといいう事故っぷり。あまりの事故率から、融合素材が全く集まらないで負けたことも。後、融合した後OZを倒されると、手札が足りなくてジリ貧になって、そのまま負けたりすることが多かった。結構いい着眼点だったとおもうんですけどね。今回は却下で。


うーん。このくらいかな。他にもあったら是非教えて欲しいです。何体か面白い候補がいましたね!!
今回は、ユニフォリアから出てくるアタッカーを書きましたが、ユニフォリアでssするチューナーや、デッキに入る相性のいいカードを全然書けませんでしたね。
 これは、次の考察で書きますかね。
今回は、このくらいで。ここまで読んでくれた人はありがとう。また、次の考察で会おう!!
スポンサーサイト
[ 2012/09/30 03:23 ] 遊戯王 | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/01/17 03:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furuikado.blog.fc2.com/tb.php/16-25b23b75


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。