スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[ゲーム 感想] 零 -刺青の聲- メモ&感想 【一の刻】①

ブレイステーション2用ソフトである 零 -刺青の聲- をプレイしていき、感想を書いていきたいと思います。



私は忘れっぽい所があるので、話の流もメモしていこうと思います。

プレイしたけど忘れてしまって思い出したい方も見ていただければ、話の流れを思い出せると思いますよ。

では、初プレイ行きます!!

・序章

主人公(レイ)は交通事故で婚約者(ゆう)をなくす

主人公はカメラマン

彼氏の霊に引かれて、冬の屋敷へ

四人の巫女に手足に杭を打たれる白装束の少女(刺青あり)

建物内で刃物を持ち追いかけてくる宮司

最後に刺青の幽霊に迫られる


一の刻

【夢世界】

また屋敷へ、ユウの姿を追いかける

謎の白い手から射影機を入手

部屋の中で杭を壁に打つ少女

屋敷のなかを逃げる謎の女を発見

母子の霊と戦闘、「あの人が殺した」

「あの人を一緒に探してくれませんか?」

屋敷を逃げていた女性と再開、生きているっぽい

どうやら事件に巻き込まれて、一人だけ生き残ってしまったらしい

体には青い刺青が広がっていく

主人公も刺青幽霊に見つかり、触れられてしまう、そこから刺青発生

そして夢から帰還


【現実】

アシスタントの少女(深紅)登場

蛍からの手紙が届く、都市伝説を調査中、射影機をユウへ送る

射影機を彼氏の部屋で発見、同時に蛍からの手紙も発見

どうやら、紅い蝶作品では、繭は失踪したらしい、澪は無事だそうだ。

蛍は繭澪のおじさん

今作品の事件は「眠りの家」という都市伝説で知られている

作中で戦った母娘は行方不明の夫を探す最中に神隠しにあったという新聞記事を発見

幽霊の写真(女)を現像、深紅に調査を依頼

ここで、現実パート修了


プレイ時間1:30


【感想】

中々引き込まれる序章だった。前作のキャラの名前も出て嬉しく思う。 繭が失踪状態なのは悲しいが…。

今回一番驚いたのは、刺青の女が迫ってくる所だった。一瞬安心させてからの、ドッキリはやはり怖い。

後、このゲームはヘッドホンをしてプレイすると良いね!!こんなに音に凝ってるとは思わなかった。

最後に女の写真一枚で調査を命じられた深紅には同情する。名探偵でもない限り無理があと思うんだが…。


スポンサーサイト
[ 2014/12/16 19:32 ] 零 -刺青の聲- | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://furuikado.blog.fc2.com/tb.php/41-26fd77d7


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。